冷酒からぬる燗までOK

前回から、2019年度に醸造した日本酒「月吉野(つきよしの)」を紹介しています。

今回は、つきよしの 特別純米原酒をご紹介します。

「特別純米」という名前の通り、私にとって特別なお酒です。

冷酒から燗まで、幅広い温度帯に対応できるお酒です。


【飲んでもらった感想はコチラ】

香り高め

バナナの香り!

香りが良い

お米の香りがする

温めると香りがぶわっと増える

後味にぶどうのような酸味

口当たりまろやか

オイル系?コク系?の味

酸と甘みのちょうどよいバランス

常温でも美味しく飲める

ん?甘い?少し辛い?旨味?→酸味が乗る→舌に残らないで消える

今の時期(6月末)冷酒で飲むと美味しい

開けたてはアルコールを強く感じる

開栓して数日たっても、味の劣化が少ない。むしろまろやかになる

1杯目より2杯目、3杯目のほうが美味しい!

馬刺し、漬物、美味だれ焼き鳥にも合う(味の濃いものでもOK?)

飲み続けるには、冷酒より少し温めたほうが飲みやすい



【お酒誕生の経緯】

勤めていた会社を辞めて実家の酒蔵に帰り、信州銘醸さんで修業をしながら造った初めてのお酒です。(2015年発売)

自分で初めて造るお酒として、

当時販売していたお酒のラインナップのどれともかぶらない味、

友達やお世話になっている人達に飲んでもらいたい、

自分が飲みたいお酒を造りたい。